見やすさを最優先にする

企業サイトのデザインを作る際には、基本的に見やすさを重視した方が良いです。企業サイトでは、企業に関することを色々とアピールすることができます。しかし、見にくいデザインだと、何をアピールしたいのかが明確になりにくいです。また、サイトが見にくければ、訪れた人のフラストレーションが溜まり、早めにブラウザバックされてしまうリスクが高まります。そのようなことにならないために、見やすさが何より大事です。企業サイトでは、おしゃれな見た目にするために、読みにくい装飾文字を使ったり、ページのボタンをわかりにくいデザインにしたりしてしまうことがよくあります。けれど、おしゃれな見た目よりも、まずは見やすさと使いやすさを優先した方が良いです。

企業イメージに合っているデザインを

企業サイトには、訪れた人に企業のイメージを持たせる働きがあります。そのことを考えて、企業イメージに合っているデザインにすることも大切です。そして、金融関係であれば堅い、美容関係だと華やかという風に、業界によってイメージが異なります。堅い印象を与える場合は派手過ぎない見た目、華やかなイメージだと暖色を積極的に使用するなど、求められるデザインが変わってきます。その業界ごとのデザインをベースにした上で、企業の特色が出せるデザインを作りましょう。

ターゲットを意識する

企業には他の企業をターゲットにしたBtoBと、一般消費者がターゲットのBtoCがありますが、そのターゲットに合わせてサイトデザインを作ることも大切です。BtoBだとある程度専門的な用語や画像を使用したデザインであっても問題ありませんが、BtoCだと専門的な要素は最小限に抑えることが望ましいです。場合によっては、専門用語を解説するページも必要となります。

コーポレートサイト制作をする際には、基本的な情報だけでなく、オリジナリティ溢れるコンテンツを用意することも大切です。